-->

国際電話カード比較 安くかける裏ワザ

国際電話カードは種類が多くて、よくわからないという方も多いと思います。

私もよく使っていたのですが、実際のところどれが一番安くなるのかは分かりにくいです。

 

そこで、ずばり国際電話カードを比較してみます。

 

まずは、さっそく料金比較の一覧。

最大手で信頼感抜群のKDDI、格安国際電話カードでよく名前の挙がるVIVAPLUS、

そして最後に私の知る限り一番安い国際電話カード会社のアイコム。

(プラス、一応参考のためTelinkも付け足してみました。)

 

もちろん他にも何社か国際電話カードがありますが、料金、音質、サービスの点を考えると

この3社のどれかにするのがオススメです。

 

(料金は1分あたりの何円かで表示しています。)

 

Telinkを一緒に載せてしまうと 、どうしても国際電話カードが割高に見えてしまいますね・・

ただ、Telinkはアクセスポイントまでの通話料が必要なんで、

(詳しくは、国際電話を安くかける裏技 Telink(テリンク)のかけ方

国内通話料金が高い方は国際電話カードはオススメです。

 

 

では、それぞれの国際電話カードの特徴を書いていきます。

 

 

まず、一番目がKDDIスーパーワールドカード。

ご存知のように国際電話の最大手で通話品質はいいです。

ただ、料金は他と比較すると安くはありません。

とにかく最高の音質を求める方にオススメです。

 

500円から7000円までの5種類のカードがあって、値段が高くなるにつれて通話可能金額が増えます。

(例えば7000円カードは7850円分話せます。)

 

購入はインターネットかコンビニで出来ます。

サイトはこちら → KDDIスーパーワールドカード

 

 

 

格安国際電話カードの代名詞に上がるのがこのVIVAPLUS。

サービスや対応のよさは口コミの評判もよいです。

 

申し込みはインターネットか電話から行います。

使用する電話番号を登録して、料金を前払いすればすぐに使えるようになります。

申し込み時にクレジットカードの場合2000円、コンビニの場合5000円のプリペイドが必要です。

 

料金もそこそこ安く(下の中国系格安カード以外だと最安ランクです)、

通話音質やサービスもよく、バランスのよい国際電話カードです。

 

オーストラリアへの料金は安いので、

オーストラリアへよくかけられる方はこのおススメですね。

 

サイトはこちら → 格安国際電話 VIVAPLUS [ ビバプラス ]

 

 

最後に紹介するのが、超格安のアイコン。

中国系の亜太電信 株式会社 というところが販売している国際電話カードで、値段はかなり安くなっています。

 

日本に住んでいる中国人の方がメインのターゲットで販売されている国際電話カードです。

ホームページも少し中国語混じりになっていたり、ちょっと怪しさはありますが・・

 

中国以外の国への通話に関しては、ほとんど情報がありません。。。

口コミでは音質はあまりよくないようなことが言われていますが、

 

カードは一番安いもので3000円から販売されていて、初回は郵送になります。

毎回チャージしないといけないのが面倒なのと、

毎回プリペイドで3000円入れないといけないのが、リスクが高いですね。

 

サイトはこちら → 中国へ国際電話 亜太電信,AICOM,

 

 

最後に少しTelinkと国際電話カードの比較も書いておきます。

 

Telinkは事前申し込みが必要という点で、VIVAPLUSと似ています。

ただ、支払いは完全後払いで、初期費用がまったくの0円ですむところが大きな違いです。

 

どれくらい国際電話を使うかわからないという方には、

使い始める時に2000円や3000円デポジットが必要なのはリスクがあります。

国際電話カードをキリよく使いきれず、余らせてしまった経験は誰しもあるでしょう。

完全後払いのTelinkは、デポジットを無駄にしてしまわないという利点があります。

 

Telinkについてはこちら↓

国際電話を安くかける裏技 Telink(テリンク)とは

 

カテゴリー:国際電話カード

国際電話を安くかける裏ワザ 国際電話カード

国際電話を安くかける裏ワザのひとつが国際電話カード。

 

皆さんも海外に行った時などこれを利用して日本にかけたことがあるのではないでしょうか?

日本に住んでいる外国人も多くの方がこの方法を利用してかけています。

 

簡単にどういうシステムか説明します。

 

最大手の国際カードはKDDIスーパーワールドカード を例にあげて説明します。

音質がかなりよく、通信の安定感が抜群と、信頼感が最も高い国際電話カードです。

 

 

 

1、まずコンビニ等で、国際電話カードを購入して、書かれているランダムな数字の並びをもらう。

 

昔は上記の様なちゃんとしたカードを買って、銀色のスクラッチを削って入力コードを確認するというシステムでした。

 

最近は、購入時に印刷される紙をもらうだけの簡易的な方式に変わっているところが多いです。

紙には数字(入力コード)が記入されており、それを通話時に入力します。

 

2、かけ方は簡単

 

0055を押して信号音が聞こえたら、

購入したカード番号を入力  81#XXX….X#

そうすると現在のカード残高がアナウンスされます。

 

あとは国際電話を、国番号から順にかけるだけ。

通話可能分数がアナウンスされた後、繋がります。

 

※ かけ方は、国際電話カードにも詳しく記載されています。

 

3、料金

 

さて、気になる料金ですが、主要国への通話料金です。

 

1分間の料金 (3分以上話した場合の)

アメリカ 昼間 47円 深夜 28円

イギリス 昼間 125円 深夜 45円

中国  昼間 20円 深夜 20円

 

ちなみに上記は固定電話から利用した場合で、携帯電話からだと約1.5~2倍ほど料金が割増しになります。

全世界の通話料金調べてみましたが、中国が一番通話料が安い国です。

 

 

 

国際電話カードのメリットですが、

通話の信頼感は抜群ですし、カードさえ持っていれば、どの電話からでもかけられます。

 

あまりたくさん話さない方で、最高の音質で途切れずに話したい方にはよいかもしれません。

 

カテゴリー:国際電話カード

このページの先頭へ