国際電話カード比較 安くかける裏ワザ


国際電話カードは種類が多くて、よくわからないという方も多いと思います。

私もよく使っていたのですが、実際のところどれが一番安くなるのかは分かりにくいです。

 

そこで、ずばり国際電話カードを比較してみます。

 

まずは、さっそく料金比較の一覧。

最大手で信頼感抜群のKDDI、格安国際電話カードでよく名前の挙がるVIVAPLUS、

そして最後に私の知る限り一番安い国際電話カード会社のアイコム。

(プラス、一応参考のためTelinkも付け足してみました。)

 

もちろん他にも何社か国際電話カードがありますが、料金、音質、サービスの点を考えると

この3社のどれかにするのがオススメです。

 

(料金は1分あたりの何円かで表示しています。)

 

Telinkを一緒に載せてしまうと 、どうしても国際電話カードが割高に見えてしまいますね・・

ただ、Telinkはアクセスポイントまでの通話料が必要なんで、

(詳しくは、国際電話を安くかける裏技 Telink(テリンク)のかけ方

国内通話料金が高い方は国際電話カードはオススメです。

 

 

では、それぞれの国際電話カードの特徴を書いていきます。

 

 

まず、一番目がKDDIスーパーワールドカード。

ご存知のように国際電話の最大手で通話品質はいいです。

ただ、料金は他と比較すると安くはありません。

とにかく最高の音質を求める方にオススメです。

 

500円から7000円までの5種類のカードがあって、値段が高くなるにつれて通話可能金額が増えます。

(例えば7000円カードは7850円分話せます。)

 

購入はインターネットかコンビニで出来ます。

サイトはこちら → KDDIスーパーワールドカード

 

 

 

格安国際電話カードの代名詞に上がるのがこのVIVAPLUS。

サービスや対応のよさは口コミの評判もよいです。

 

申し込みはインターネットか電話から行います。

使用する電話番号を登録して、料金を前払いすればすぐに使えるようになります。

申し込み時にクレジットカードの場合2000円、コンビニの場合5000円のプリペイドが必要です。

 

料金もそこそこ安く(下の中国系格安カード以外だと最安ランクです)、

通話音質やサービスもよく、バランスのよい国際電話カードです。

 

オーストラリアへの料金は安いので、

オーストラリアへよくかけられる方はこのおススメですね。

 

サイトはこちら → 格安国際電話 VIVAPLUS [ ビバプラス ]

 

 

最後に紹介するのが、超格安のアイコン。

中国系の亜太電信 株式会社 というところが販売している国際電話カードで、値段はかなり安くなっています。

 

日本に住んでいる中国人の方がメインのターゲットで販売されている国際電話カードです。

ホームページも少し中国語混じりになっていたり、ちょっと怪しさはありますが・・

 

中国以外の国への通話に関しては、ほとんど情報がありません。。。

口コミでは音質はあまりよくないようなことが言われていますが、

 

カードは一番安いもので3000円から販売されていて、初回は郵送になります。

毎回チャージしないといけないのが面倒なのと、

毎回プリペイドで3000円入れないといけないのが、リスクが高いですね。

 

サイトはこちら → 中国へ国際電話 亜太電信,AICOM,

 

 

最後に少しTelinkと国際電話カードの比較も書いておきます。

 

Telinkは事前申し込みが必要という点で、VIVAPLUSと似ています。

ただ、支払いは完全後払いで、初期費用がまったくの0円ですむところが大きな違いです。

 

どれくらい国際電話を使うかわからないという方には、

使い始める時に2000円や3000円デポジットが必要なのはリスクがあります。

国際電話カードをキリよく使いきれず、余らせてしまった経験は誰しもあるでしょう。

完全後払いのTelinkは、デポジットを無駄にしてしまわないという利点があります。

 

Telinkについてはこちら↓

国際電話を安くかける裏技 Telink(テリンク)とは

 


このページの先頭へ